就活の髪型アレンジ法!面接でうける女性らしいへアスタイルとは?

ヘアスタイル

就活(就職活動)には、どのような髪型で望めばよいのでしょうか?^^

就職活動は、社会人として踏み出す最初の一歩ですから、髪型ももちろん、それまでの学生気分が抜けきらない髪型ではなく、社会人としてふさわしい、女性なら女性らしい、常識ある髪型にするように心がけましょう。

特に、面接の時は、

「髪型は第一印象を決めるキーポイント」

ですので、十分注意してくださいね!d( ̄  ̄)

就活の髪型の基本とNG、ショート、ミディアム、ロング別のアレンジ法、パーマはかけてもいいのか?など、就活の面接時の髪型について紹介します♪

就活の髪型の基本とNG

就活の髪型の基本は、金髪など、髪の色を染めている人は、黒髪か、濃い栗色に戻すことです。

これは基本中の基本です!

最近では若い方も年配の方も茶髪にするのが一般的で、黒髪の人を見つけること自体が難しいぐらいなのですが、就職活動を行うときだけは、話が別です。

学生の茶髪はOK。

OLの茶髪もOK。

しかし、就職活動の金髪・茶髪はNGです!d( ̄  ̄)オワカリ?

もちろん、染めたのではなく、地毛が茶色っぽいのは気にしなくても大丈夫です♪

就活の髪型アレンジ

ショートヘアの場合

就活の髪型アレンジは、ショートヘアの方ならアレンジする必要はあまりありません。^^

ショートと言っても、刈り上げのような極端に短い髪ではなく、すっきりと印象の良いくらいの髪の長さのことです。

髪が肩につくぐらいの長さがある方は、お辞儀をした時に髪が顔にまとわりつかないように、シッカリとヘアアレンジをするようにしたいものです。

後ろで一つに結わいたり、クリップで留めてもよいですし、上品な感じのヘアアレンジがおすすめですね。^^

ショートの方に一番気をつけてほしいのは、「寝癖」・・。^^;

髪の毛がはねてしまったら、寝癖直しのアイテムを使い、寝癖が分からないようにきちんと髪形を整えてくださいね♪

ミディアムヘアの場合

ミディアムヘアーの方は、ショートと同様に寝癖に注意し、ふんわり清潔感のあるスタイルにしたらいいですよね♪

また、ミディアムボブの方は、毛先があちこち向かないように、ちゃんとブローして毛先も整えてくださいね。^^

ロングヘアの場合

髪がロングヘアの方は、髪をシッカリとまとめる事が必須です!

まとめる場所は、スーツの襟より少し高い部分が良いようです。

ショートと同じように上品なクリップやピンで前髪や横髪はしっかりと留めておいてください。

バレッタを使うと上品なイメージになるようですので、バレッタもおすすめです♪

また、ショートヘアもロングヘアも、派手なヘアアレンジはNGです。

ピンやワックスなどですっきりさせましょう!

パーマはかけてもいいの?

パーマは、就活の期間はしない方がいいです。

緩いパーマでも、出来れば避けた方がいいです。

もちろん、天然パーマの方や、ストレートパーマだと問題ないですが、明らかにパーマをかけたと分かるような派手なパーマはやめておいた方が無難です。

就活でポイントなのは、「誠実さ」や「清潔感」だからです。

しかし、どうしてもパーマをかけたい方は、自然なウェーブのあるようなゆるめのパーマで、自分に似合っているのであれば、そこまで気にすることはないでしょう(^^♪

天パーでも、癖が強くて強めのパーマをかけているように見えるなら、緩いパーマにした方がいいでしょうね。。

就活の面接時の髪型のコツ

面接官に表情・目線がはっきり分かるように、前髪やサイドはピンなどで留めましょう!

前髪も、目が隠れないようにしてください。

片手間に長い髪の毛をまとめたり、とめたりするだけではなく、就職活動の為に清潔感のある髪型にする方が、面接に対する特別な姿勢を感じるので、面接官へ好印象を与えます。

ショートでも、ロングでも、パーマなどのダメージが髪に残っていて、髪が傷んでいるのは不潔感を与えるのでNGです。

髪型も大切ですが、パサついたツヤのない髪にならないように、ヘアトリートメントも欠かさないようにしましょう!

ロングヘアーが嫌いな面接官もいるようですが、ご自分に合った髪の長さであれば、それほど気にする必要はないです。

面接中に髪の毛をかきあげたり、触ったりしないように!髪の毛を触る癖のある方は、特に注意してくださいね!

▼「就活ヘアスタイル」参考にしてみてください♪

就活の面接時の髪型のまとめ

就活の面接時の髪型やヘアスタイルのポイントは、「髪の長さ」が問題ではなく、「清潔感」「誠実さ」「自分らしさ」です。

就活の髪型の最大のポイントは「清潔感」です。

髪の長さや色も重要ですが、清潔感溢れる人は、男性も女性も好印象を与えます(^^♪

令和の時代、昭和の時ほど就活の面接も堅苦しくないと思いますが、それでも最低の基準は守って、おしゃれをしたくても、この期間だけはちょっと我慢してみてくださいね。^^

就活の面接の時には、是非、身だしなみを整え、清潔感と自信を持って、自分らしさをアピールできるように準備してくださいね。

言うまでもないですが、髪型もそうですが、「フケ」にも気をくばってくださいね♪