ムダ毛処理と女性ホルモンの関係

Sponsored Links

エステサロンでムダ毛処理をするという場合、どの部位のどんな濃さのムダ毛を処理するかによって金額が変わりますよね。

ムダ毛を処理するやり方は人によってさまざまですが、一般的には、体毛の量や頭髪の濃さは男性ホルモンや女性ホルモンが影響しており、ホルモンバランスによって違いが出るようです。

毛を作る毛包の量は、出生直後は男女とも同程度といわれています。

この毛包は成長と共に増減する性質がありますが、14歳程度を目安に、男性ホルモンの状況に大きく影響を受けているようです。

傾向としては、男性ホルモンより女性ホルモン量が多い人の方がムダ毛が少なく、体毛も少ないようです。

女性ホルモンの分泌が順調な時なら、ムダ毛の処理もしやすいとされています。

体質によってホルモンの分泌状況は違いますが、日常の健康ストレスなどでも差が出ると言われています。

年を取って体質が変わったりストレスが蓄積されたりすると、ムダ毛を抑制する女性ホルモンの体内量も変化します。

大豆イソフラボンなど、女性ホルモンと同じ働きをする栄養成分を補うようにすれば、肌の状態を健康に保てます。

大豆イソフラボンの積極的な摂取は、女性にとって健康や美容にいい方法です。

豆腐半分や納豆1パック、豆乳1カップなどどれかの形で毎日摂取するようにすれば、イソフラボン分は充分に摂れるでしょう。

ムダ毛処理後に用いる抑毛ローションなどには大豆イソフラボンを含むものもあります。

各種の商品や食材を上手に活用して、ムダ毛除去に役立てていってください♪

 

Sponsored Links

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

今日のピックアップ記事

2013-10-9

禅食とは?韓国の美容食「禅食」の作り方とレシピ

ページ上部へ戻る